プロペシアジェネリック箱と中身

プロペシアの有効成分はフィナステリドです。

 

このフィナステリドがAGA治療にはとても有効だということが分かっています。

 

プロペシア先生
今回は、フィナステリドの効果と副作用を徹底解説します。

 

フィナステリドとは?

プロペシアの有効成分であるフィナステリド。

 

フィナステリドは、AGAの治療薬として米国食品局(FDA)が認可した薬です。

もともとは前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された医薬品ですが、副作用として異常発毛をみたことから発毛剤としての用途が広がりました。

 

日本では、プロペシアという商品名で流通していますのでフィナステリドという名前はあまり聞いたことがない方が多いと思います。

フィナステリドは、ミノキシジルのような発毛を促す効果は期待できません。

しかし、フィナステリドは、日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版において、男性型脱毛症にはミノキシジル外用とともに行うよう強く勧めるとランク付けされています。

このため、AGAクリニックの多くでは、男性に対してはミノキシジルとフィナステリドが処方されます。

フィナステリドで抜け毛となる原因を阻害し、ミノキシジルで強くて太い髪の毛を発毛するという攻めと防御により発毛を狙う効果があります。

 

プロペシア先生
フィナステリドで抜け毛を抑えて、ミノキシジルで発毛すると覚えましょう

フィナステリドの効果とは?

AGAは、遺伝や生活習慣などの要因もあります。

 

プロペシア先生
多くはDHT(ジヒドロテストステロン)という、男性ホルモンの生成が主な原因とされています。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼ(という酵素により変換されることで作られます。

そのため、DHTは毛母細胞の機能を弱らせ結果として、毛が細くなったり、毛周期のうち成長期を短くしてしまいます。

そうなると、抜け毛が増え頭皮が透ける薄毛の状態となってしまうのです

 

フィナステリドは、男性ホルモンのテストステロンをDHTへ変換する酵素である5αリダクターゼを制御することによって作用します。

5αリダクターゼを制御することで抜け毛を減らすことができ、効果としては「抜け毛防止」「育毛」で効果がでてきます。

 

育毛であって発毛ではないことは、十分覚えておいてください。

 

フィナステリドの副作用

フィナステリドの副作用としては、以下のようなものが確認されています。

 

勃起不全、性欲減退、精子の減少、肝機能障害といったもののほか、鬱症状が表れるといったことも報告されています。

ただ、副作用の発現率はいずれも0.2~1%と一般的な薬と比較しても低い稀な副作用といえます。

 

プロペシア先生
医薬品ですので気軽に服用できるわけではありません。注意してください。

 

フィナステリドのジェネリック薬品はフィナロイド

フィナロイドとは、薄毛に効く有効成分フィナステリドを含んだ医薬品の商品名のことです。

 

プロペシアのジェネリック商品として注目を集めています。

フィナロイドは、プロペシアと使われている成分がまったく同じです。

医薬品は、国によってその成分や製法が厳重に管理されているので、製造元が違っても、中身は同じとなるわけです。

 

また、ジェネリック医薬品となりますので、プロペシアよりも価格も安く購入することができます。

 

プロペシア先生
フィナロイドは、プロペシア同様AGAクリニックで医師に診断してもらい処方箋が必要となる薬のため、薬局では購入できません。

 

では、AGAクリニック以外で手に入る方法がないかというとそうではありません。

 

フィナロイドはオオサカ堂で大人気のジェネリック薬品

フィナロイドはオオサカ堂で購入することができます。

 

オオサカ堂は、プロペシアのジェネリック医薬品を数多く取り揃えており、その中にフィナロイドもあります。

 

価格も為替レートによりますが、日本のAGAクリニックで処方してもらうよりも安く購入することが可能です。

(※2019年8月の現在の為替レートは円高です。お得に買うにはちょうどいい時期といえます。)

 

フィナロイド(プロペシアのジェネリック薬品)の価格を調べる

商品名を押すとオオサカ堂で価格を見ることが出来ます

 

 

おすすめの記事